うつくし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典日本語[編集]

形容詞[編集]

うつくしし、し】

  1. かわい
    • あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうたり。
      奇妙に思って、近寄ってみると、(竹の)筒の中が光っていた。それを見てみると、三寸ほどの人が、大層かわいらしげに座っていた。(『竹取物語』)
  2. うつくしい
  3. 立派である
    • かくて新帝は十七になり給へば、いとさかりにうつくしう、御心ばへあてにけだかう、すみたるさまして、しめやかおはします。
      こうして、新帝は17才におなりになったのですが、大変勢いがありご立派で、お心遣いも高貴で気高く、物静かなご様子で落ち着いていらっしゃいます。(『増鏡(wp)・後二条天皇即位』)

活用

シク型活用
うつく-し

発音(連体形)[編集]

五拍形容詞二類

平安時代[編集]
うとぅくし↗き↘ぃ
南北朝時代[編集]
うとぅく↘し↗き↘ぃ
室町時代以降[編集]
うつく↘しき

諸言語への影響[編集]