しろうと

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

語源[編集]

江戸期からの言葉、由来は諸説あり。

  • 囲碁で下位の者が、白石を持つことから。
  • 江戸期の歌舞伎俳優演技人気を評した批評書役者評判記』において、うまい役者に「」の文字を付したが、白抜き文字の「白吉」と黒文字の「黒吉」があり、後者が上位とされ、より巧みな者を「くろひと」、そうでない者を「しろひと」と言った事に由来。
  • なり立ての遊女を「しろひと>しろうと」と言ったことから。

名詞[編集]

しろうと素人、まれ:白人

  1. あることに未熟な者、また、そのことを職業としていない人。アマチュア
  2. 水商売専業とする女性に対する一般の女性。
    • 巴里へ来る遊び客は近頃商売女に飽きた。素人らしいものを求める。リゼットのつけ目はそこであった。(岡本かの子『売春婦リゼット』)

対義語[編集]

翻訳[編集]