出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

吉 吉 吉 吉
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]


日本語[編集]

発音[編集]

用法[編集]

字形について[編集]
  • 戦前までは世間の書き文字は行書が一般的で、また士よりも土で書いた方が字としてのまとまりがよいため、「𠮷」の形で書くのが一般的だった。なお、文中で字形を明確に区別しなければならない場合、「吉」を「さむらいよし」、「𠮷」を「つちよし」と呼ぶことで区別することがある。


熟語[編集]

中国語[編集]

*

形容詞[編集]

  1. (広東語)から

人名[編集]

  1. 中国人ののひとつ。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

人名[編集]

  1. 朝鮮人ののひとつ。

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]