出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「劍」は、「」+音符「」の会意形声文字で、「僉」は、ものを押さえつける意の「」の下に、「(「」の原字、口々に騒ぐの意)」+「(「」の原字であるが、人が集まるの意としては「」=「」が近い)で、多くのものや人をまとめることで、両刃がともにそろうの意。

意義[編集]

  1. つるぎが両側についている刃物

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. つるぎ、ケン)が両側についている刃物
  2. (ケン)「刀剣」の通称。特に、その技能である剣術剣道のこと。
    機により変に応じて、それぞれに処して行くのがの極意である。(直木三十五鍵屋の辻』)

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]