太初

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

発音[編集]

た↘いしょ

名詞[編集]

たいしょ

  1. 天地ひら始まること。

類義語[編集]


中国語[編集]

固有名詞[編集]

(Tàichū)

  1. 前漢元号の一つ。元封の後、天漢の前。紀元前104年から紀元前101年までの期間のこと。武帝の治世に用いられた。
  2. 前秦の元号の一つ。太安の後、延初の前。386年11月から394年6月までの期間のこと。苻登の治世に用いられた。
  3. 西秦の元号の一つ。建義の後、更始の前。388年6月から400年7月までの期間のこと。乞伏乾帰の治世に用いられた。
  4. 南涼の元号の一つ。建和の前。397年1月から399年12月までの期間のこと。禿髪烏孤の治世に用いられた。

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

태초

  1. (日本語に同じ)太初。