帯説

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

語源

[編集]

大槻文彦編『大言海』の序文「本書編纂に当りて」で、中国語における表現方法として「不用の語を附帯せしめて用ゐること」として紹介されたことが由来とされる。[1]

名詞

[編集]

(たいせつ)

  1. 反対の、またはついをなす意味の漢字で構成される二字熟語で、一方の字の意味が熟語全体の意味に反映されていない熟語。中国語には同音の漢字が多いため、耳で聞いても区別できるように、不要な字を付け加えたと考えられる。

具体例

[編集]

熟語全体としての意味に関係しないと思われる字を太字で示す。

  • 」、「難易度」の「」、「恩讐おんしゅう彼方かなた」の「」、「存亡の危機」[2]の「」など。

また、『大言海』の序文では以下のような事例も紹介されている。

脚注

[編集]
  1. ただし、「職原抄私記 一」(1648)における「鋳改鏡剣鏡をこそ鋳んに、剣を不可鋳。併如此の文法を帯説タイセチと云也」という用例が後に発見され、『精選版 日本国語大辞典』における新たな用例の一つとして追加された。
  2. この用法を誤りとみる向きもある。
  3. 鳥の羽が赤いことを「翡」、青いことを「翠」というが、「翡翠」全体では緑色しか意味しない。

外部リンク

[編集]

『大言海』本書編纂に当りて