諸行無常

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

諸行 無常(しょぎょうむじょう)

  1. 仏教の基本的・哲学的な主張を表わす成句の一つで、「あらゆる物事(現象)は変化している。変化しない、固定的な物事は存在しない」という意味。三法印の一つ。
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」(『平家物語』)
「初夜の鐘を撞く時は 諸行無常と響くなり」(長唄娘道成寺」:藤本斗文作詞)

発音[編集]

ショ↘キ°ョー ム↗ジョー
ショ↗キ°ョームジョー
ショ↘キ°ョームジョー

語源[編集]

(『涅槃経』などの漢訳仏典にある語句。)

関連語[編集]

翻訳[編集]

  • サンスクリット: सब्बे संखारा अनिच्चा (sabbe-saMkhaaraa-aniccaa)
  • パーリ語: sabbe saṅkhārā aniccā