eszik

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハンガリー語[編集]

発音[編集]

  • IPA(?): /ˈɛsik/
  • (ファイル)
  • 分綴: eszik

語源1[編集]

ウラル祖語 *sewe- (to eat)より。

動詞[編集]

eszik

  1. (他動詞) べる。
  2. (他動詞, 口語, 疑問詞 mit に続いて) 誰かの特定の特徴を好きにする (-n/-on/-en/-önを伴って)
    Nem értem, mit eszik rajtam.彼/彼女が私のどこが好きなのか分からない。
用法[編集]
語源2を参照
活用[編集]
下位語[編集]

(各時間帯の食事に関連するもの):

関連語[編集]

(食事の仕方に関するもの):

類義語[編集]
派生語[編集]

(動詞派生接頭辞を伴って):

複合語[編集]
成句[編集]

語源2[編集]

eszik + 接尾辞"-ik(三人称複数定活用接尾辞)"

動詞[編集]

eszik

  1. "eszik"の直説法現在定活用3人称複数形。
用法[編集]

語源1および2で示されているように、eszik は不定活用3人称単数形(この動詞の基本形)または定活用3人称複数形である可能性があります。言い換えれば「彼/彼女/それは何かを食べている」あるいは「彼らはその特定のものを食べている」という2つの可能性があります。
主語が明示されていない場合、その解釈は対格目的語が特定のものかどうかが決定します。Eszik egy almát という文は目的語が不定(egy を参照)であることから、不定活用3人称単数形(彼/彼女/それはリンゴを食べている)に違いありません。 一方 eszik az almát という文は特定の目的語(az を参照)があることから、定活用3人称複数形(彼らはそのリンゴを食べている)に違いありません。冠詞がなく名詞のみの場合は、通常不定活用です。 Kenyeret eszik (彼/彼女/それはパンを食べている)
目的語が代名詞の場合、それが指し示すものをチェックする必要があります。同じ「全てを」という意味であっても、Mindent megeszik, という文の minden は特定しない代名詞であるため「彼/彼女/それは全て食べてしまった」という意味になりますが、Mindet megeszik, という文の mind は特定する代名詞であるため「彼らは(その)全てを食べてしまった」という意味になります。しかし実際には文脈から主語の数についてほとんど疑いは残りません。

語源3[編集]

esz + 接尾辞"-ik(三人称複数定活用接尾辞)"

動詞[編集]

eszik

  1. "esz"の直説法現在定活用3人称複数形。