irimũ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

語源1[編集]

以下のような他のバントゥー諸語と関連付けられている。

Kohl-Larsen (1963) によるバントゥ祖語の再建形 *-lîma〈霊〉[4]や Dammann (1970) による同再建形 *-lîmu〈霊〉[6]も参照。また、キクユ語 mũrimũ〈(かつては超自然的な存在によって引き起こされると考えられた)病気〉も参照。

発音[編集]

  • IPA: /ìɾímóꜜ/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス7」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩmitũnjata などがある[7]
  • 〔キアンブ方言〕
  • カナ表記例: イリム[1]

名詞[編集]

irimũ クラス5(複数: marimũ

  1. 魔物喰らう化け物[1]

語源2[編集]

発音[編集]

  • IPA: /ìɾìmóꜜ/

名詞[編集]

irimũ クラス8

  1. kĩrimũ複数形。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 宮本正興 (2009).『スワヒリ文学の風土』第三書館、163-164頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 Werner, Alice (1933). Myths and Legends of the Bantu.
  3. 3.0 3.1 Beaujard, Phillipe (1982). "Un conte malgache: des ‘Enfants chez l’Ogre’," p. 61. Cahiers de Littérature orale (12), 39–80.
  4. 4.0 4.1 Kohl-Larsen, Ludwig (1963). Das Kürbisungeheuer und die Ama’irmi: ostafrikanische Riesengeschichten, S. 9. E. Röth-Verlag.
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 Aranikian, M. H. and A. Werner (1925). The Mythology of All Races: Armenian and African, p. 404. New York: Marshall Jones. Reprint, New York: Cooper Square, 1964.
  6. Dammann, E. (1970). "Urbantu limu »Geist« und seine Derivate", S. 64. In H. Spitzbardt (ed.) Sprache und Gesellschaft, S. 62–76. Jena: Friedrich-Schiller Universität.
  7. Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  8. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.

関連文献[編集]