mũkorobia

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

発音[編集]

  • IPA: /mòkɔ̀ɾɔ̀βíːà(ꜜ)/
この i は長母音である[1]
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス14」で、他に同クラスの4音節語幹語には gategithimomũitarianitharamara などがある[2]

名詞[編集]

korobia クラス3(複数: mĩkorobia

  1. アボカド (Persea americana) の[1]ニェリ県では種子浸出液や果皮煎じ汁を歯肉出血下痢高血圧腸チフス (wp)に対して処方するほか、利尿剤 (wp)としても用いることが報告されている[3]

部分語[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 "korobia" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 231. Oxford: Clarendon Press.
  2. Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  3. Kamau, Loice Njeri et al. (2016). "Ethnobotanical survey and threats to medicinal plants traditionally used for the management of human diseases in Nyeri County, Kenya", p. 9.