rũtungu rũmwe rũtiraragia mwaki

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

  • rũtuungu rũmwe rũtiraaragia mwaki[1]

直訳[編集]

  • 「一本の太いは火に一夜を過ごさせないものである」
注.: かつては炉の火種を絶やさないようにするため灰の中に太い木の棒を入れておき、朝に灰を掻いて枯草を燃料に火を起こす方法が取られていた[2]

ことわざ[編集]

rũtungu rũmwe rũtiraragia mwaki

  1. たった一人では無力であるということ。

類義表現[編集]

翻訳[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. Ngũgĩ wa Thiong'o and Ngũgĩ wa Mĩriĩ (2009). I Will Marry When I Want(wp), p. 122. Nairobi and Kampala and Dar es Salaam: East African Educational Publishers. ISBN 9966-46-157-4
  2. 「Rutungu rumwe rutiraragia mwaki」杜由木 (2015).『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、167頁。ISBN 978-4-86223-828-3
  3. Barra, G. (1960). 1,000 Kikuyu proverbs: with translations and English equivalents.