that

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

英語[編集]

限定詞[編集]

that

  1. (遠称)その/あの

代名詞[編集]

指示代名詞[編集]

  1. (遠称)それ/あれその/あの(人、もの)

副詞[編集]

  1. そんなに、あんなに(程度の差を示す)
    I don't drink that much!
    そんなに(多く)飲んでないぞ!
    It's not that expensive.
    (値段が)そんなに高くないよ。

関係代名詞[編集]

whowhomwhichなどに代えて用いられる。特に以下の場合は、一般に関係代名詞としてthatを用いる。但し、しばしば省略され、また、逆の場合はthatを用いない方がスマートとされる。
  1. 先行詞が形容詞の最上級、the only等限定的な修飾語である場合
  2. 先行詞が不定代名詞である場合
  3. 先行詞が疑問代名詞である場合
  4. 先行詞が人及び物である場合
  5. 先行詞が関係詞節の補語となっている場合
  6. 強調構文(it is … that~)
  7. 関係副詞の代用

接続詞[編集]

  1. (名詞節をつくり)~こと
  2. (副詞節をつくり)~なので
  3. so 形容詞か副詞 thatの形で) 非常に~なので
  4. such 名詞 thatの形で) 非常に~なので