あれ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

  1. 時間的、または距離的に、話し手からも聞き手からもとおくにあるもの
  2. 時間的、または距離的に、話し手からも聞き手からもとおくにあるひと。(その人を見下した表現とされる)

漢字[編集]

  • 彼(滅多に用いられない。普通かな書き)

発音[編集]

東京アクセント[編集]

あ↗れ

京阪アクセント[編集]

↗あ

語源[編集]

翻訳[編集]

関連語[編集]

日本語の指示詞(古典語・現代語混合)
  近称-) 中称-) 遠称-/(古)- ) 不定称-)
指示代名詞 これ[複数:これら] それ[複数:それら] あれ[複数:あれら]
かれ[複数:かれら]
どれ
だれたれ)、いずれいづれ
指示代名詞(古語)
指示代名詞(卑称) こいつこやつ そいつそやつ あいつあやつ
―(かやつきゃつ
どいつどやつ
連体詞 この その あの
かの
どの
方向→人称 こなた そなた あなた
かなた
どなた
―(いづかた
場所 ここ そこ あそこ
かしこ
どこ
いずこいづこいづく
方向 こちらこっち そちらそっち あちらあっち どちらどっち
―(いづち
態様 こう
こんな
そう
そんな
ああ
あんな
どう
どんな

間投詞[編集]

  1. 不思議、不可解をあらわすことば。

発音[編集]

あ↗れ