つんざく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

つんざくく / く】

  1. つまん引き裂く。また、激しく破り裂く。多く「耳を劈く」などの形で用い、大きな音がするさまを表す。
    突如として鼓膜つんざくようなはげしい砲声起った。(海野十三浮かぶ飛行島』)

語源[編集]

  • 広辞苑』(岩波書店)によれば、「つみさく」の音便。『角川類語新辞典』(角川書店)によれば、「つきさく」の音便。『日本国語大辞典』(小学館)によれば、平安・鎌倉時代の訓点資料や古辞書の類に「つみさく」「つむさく」は見出されるが、「つきさく」は見えず、また、中古以来の音韻変化の例からみて、キの音便は一般にイであって、ム(ン)に転じた例は見出せない。

活用

カ行五段活用
つんざ-く

発音[編集]

つ↗んざ↘く

翻訳[編集]