出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」(甲骨の割れ目の象形、うらない)+「」の会意説文解字に「視兆問也」とあり、うらないの結果を口述すること。「口」は神器とも(白川)。うらないの結果により物事が決まることから、確定し動かないことを意味する。

派生字[編集]

「動かない」の意を持つ会意兼形声文字

  • :場所を決めて商う。
  • ):動かないよう黒い目印をつける。
  • :(穀物の糊などで)ねばってうごかない。
  • :眼を離さずじっと見る。
  • :体表が粘つく魚、なまず

意義[編集]

  1. うらなううらない
    占星術
  2. 場所・空間を排他的に取り扱う。しめる
    占領占有

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]