完璧

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞・形容動詞[編集]

(かんぺき)

  1. 【漢語の用法】借りた物を無傷で返すこと。
    cf.(現代中国語の成句)完璧歸趙/完璧归赵
  2. 【日本語の現代用法】欠点が全くないこと。完全パーフェクト
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
完璧 だろ だっ

なら 口語活用

由来[編集]

  • 中国の戦国時代、趙の恵文王へ、名玉「和氏之璧(かしのへき)」を十五の城と交換しようという大国秦の昭王からの申し出の対応に、恵文王をはじめ主だった家臣らが困惑しているとき、陪臣であるw:藺相如(りんしょうじょ)が「私が使いに行き、十五の城が手に入らないならば、璧を無事に持って帰ってくる(璧を完うして趙に帰らん)」と言い、事実成功させた故事に由来。(『史記』藺相如伝)
    • 「完」は一文字で「かけたところがない」(語義2)を意味。
    • 」は、輪形をした平らな玉。「」(ヘキ・かべ)とは別字なので注意。
出典[編集]

史記廉頗藺相如列伝より

  • 相如曰 王必無人臣願奉璧往使 城入趙而璧留秦 城不入臣請完璧歸趙
    相如曰はく、「王必ず人無くんば、臣願はくは璧を奉じて往きて使いせん。城趙に入らば璧は秦に留め、城入らずんば、臣請う璧を完うして趙に帰らん」と。
    (王の下問に答えて)相如が言う、「どうしても人がいないというならば、私が、璧をお預かりして使者に参りましょう。城が趙のものになれば璧を秦において帰りますが、手に入らないのであれば、璧を無事に趙に持って帰ってきましょう」と。

訳語[編集]