रूप

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンスクリット[編集]

名詞[編集]

रूप (rūpa-) 中性

  1. [1]姿
  2. [1]
  3. (仏教) しきや形があるもの。認識対象となる物質存在の総称[2]

格変化[編集]

対義語[編集]

語義3:〔仏教〕〈色〉

派生語[編集]

形容詞:

諸言語への影響[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 J. ゴンダ 著、鎧淳よろいきよし 訳『サンスクリット語初等文法』春秋社、1975年、155頁。
  2. 2.0 2.1 中村元福永光司田村芳朗、今野達 編『岩波 仏教辞典』岩波書店、1989年、342・344頁。ISBN 4-00-080072-8