いろ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

名詞[編集]

いろ

  1. などの色。色彩。→ を参照。
  2. 顔色表情
  3. から見て分かるその物の状態
  4. 情事恋愛

発音[編集]

東京アクセント[編集]
い↗ろ↘
京阪アクセント[編集]
い↘ろ

翻訳[編集]

動詞[編集]

いろ

  1. ア行上一段活用動詞 いる(居る、射る)の命令形いよ
  2. ラ行五段活用動詞 いる(要る)の命令形(稀)。

古典日本語[編集]

名詞[編集]

いろ

  1. 色彩
  2. 身分階級などによりさだめられた衣服の色。
  3. 喪服の色。また、喪服。
  4. 顔色かおいろ表情
  5. おもり。
  6. かおち。うつくしい容貌
  7. 情事恋愛
  8. 女性恋人こいびと
  9. 気配様子おもむき

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]
いろ
南北朝時代以降[編集]
い↘ろ

形容動詞[編集]

いろ【色】

  1. かみなどが美しくつややかなさま。
  2. 好色であるさま。
  3. 風流であるさま。

活用[編集]

ナリ型活用
いろ-なり

接頭辞[編集]

いろ

  1. (上代語)親族を表す語の上につき、母親が同じことを表す。

派生語[編集]

対義語[編集]