おほとのごもる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典日本語[編集]

動詞[編集]

おほとのごもる殿る】

  1. (尊敬語)貴人が寝ること。おやすみになる。
    • 「さらに不用なりけり」とて、御草子夾算さして大殿籠りぬるも、まためでたしかし
      「もう良いであろう」と、(村上帝が)冊子の書物に夾算をさしてお休みになったのも、また、高貴なご様子とのことでした(枕草子