勿論

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
もちろんから転送)
移動先: 案内検索

日本語[編集]

副詞[編集]

もちろん:近時は仮名書きされる例が多い)

  1. (「勿」は否定の助辞)いうまでもなく当然のこととして。
    お互に一つの心配を持つ身となった二人は、内に思うことが多くてかえって話は少ない。何となく覚束ない二人の行末、ここで少しく話をしたかったのだ。民子は勿論のこと、僕よりも一層話したかったに相違ないが、年の至らぬのと浮いた心のない二人は、なかなか差向いでそんな話は出来なかった。(伊藤左千夫野菊の墓』)

発音[編集]

も↗ち↘ろん

類義語[編集]

翻訳[編集]

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

물론

  1. 勿論、無論

呉語[編集]

接続詞[編集]

  (簡): 勿论 (veh4len)

  1. ~であろうとも

参照[編集]