いわずもがな

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

成句[編集]

いわずもがな【わずもがな】

  1. 言うべきでないこと。言わない方がよいこと。
    多くの場合に創作者の心理分析に傾いた評釈はいわゆる「うがち過ぎ」として擯斥され、「さまでは言わずもがな」として敬遠されるようである。(寺田寅彦 『連句雑俎』)
  2. 言うまでもないこと。
    日本の社交は、今なお花柳界の力をかりるにあらざれば乾燥無味で、成立しない現状である。そこに、新橋柳橋赤坂は言わずもがな、清く、正しく、美しい社交的施設ゼロであるからである。(小林一三アーニイ・パイルの前に立ちて』)

語源[編集]

  • 動詞「いう」+打ち消しの助動詞「」+願望の終助詞「もがな」。「言わないことを強く願う」ということから。

類義語[編集]

翻訳[編集]