牡羊座

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

固有名詞[編集]

(おひつじ ざ)

  1. 黄道十二星座の第1星座。秋から冬にかけて見られる。ギリシア神話に登場する金色の牡羊にちなむ。首星は2等星α星ハマル
  2. 天文学〕 (かな書き:おひつじ -) 1928年に国際天文学連合によって画定された星座の一つ。ラテン語Aries属格形:Arietis)、略符 Ari。441平方度を占め全天で39位の広さ。概略位置は赤経3度、赤緯+20度(2000年初分点)。
  3. 《俗語》サン・サイン白羊宮の俗称。黄道のうち黄経0度 - 30度の範囲。一般的には3月21日から4月19日までの期間に太陽が通過するとされる。

発音[編集]

お↗つじざ

関連語[編集]

日本語の黄道十二星座
おひつじ座 おうし座 ふたご座 かに座 しし座 おとめ座 てんびん座 さそり座 いて座 やぎ座 みずがめ座 うお座

翻訳[編集]