ふたご座

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

固有名詞

[編集]

ふたご (ふたござ)

  1. 星座のひとつ。構成する主な二つの星には、神話中の双子の兄カストル、弟ポルックスと名づけられた。
  2. 双児宮占星術における、黄道十二星座十二宮のひとつであり、一般には5月21日から6月20日までの期間に太陽が通過するとされる。

関連語

[編集]
日本語の黄道十二星座
おひつじ座 おうし座 ふたご座 かに座 しし座 おとめ座 てんびん座 さそり座 いて座 やぎ座 みずがめ座 うお座
日本語の黄道十二宮
白羊宮 金牛宮 双児宮 巨蟹宮 獅子宮 処女宮 天秤宮 天蝎宮 人馬宮 磨羯宮 宝瓶宮 双魚宮

翻訳

[編集]