神童

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア神童 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

 しんどう

  1. 奇偉子供。幼年期から驚異的並外れた才知を発揮する子供
    大人達が試みに比べてみて、まさにその通りであったという超神童的な逸話が伝えられている。十一歳で聖譚曲(オラトリオ)を書き、十二歳で歌劇(オペラ)を作曲し、十四歳で交響曲(シンフォニー)を作った早熟のモーツァルトは、数学には熱中することが出来たが、少年らしい遊戯に対しては、少しも興味を持たなかった。(野村胡堂『楽聖物語』)

関連語[編集]

対義語[編集]

  • 凡童(平庸な子供。才知が平常で変わり映えのない子供)

成句[編集]


中国語[編集]

発音[編集]

  • shén tóng

名詞[編集]

  1. (日本語に同じ)神童

対義語[編集]