鶏始乳

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

名詞[編集]

にわとり はじめて とやにつく、にわとり はじめて にゅうす)

  1. 七十二候の一つ。大寒末候。鶏が卵を産み始めるころの意。冬の節気の最後で、これを過ぎると、暦の上ではになる(立春節分)。中国では水沢腹堅

関連語[編集]

中国語[編集]

名詞[編集]

鶏始乳(簡体字:鸡始乳 ピンイン:jīshǐrǔ)

  1. 七十二候の一つ。大寒の初候。鶏が卵を産み始める。日本では款冬華

関連語[編集]