-b

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

b および B も参照。

ハンガリー語

[編集]

接尾辞

[編集]

-b

  1. (やや古・廃) もっと…、さらに…、一層…。
    現在は動詞を形成する複合語で使われる
    idős年をとったidősb年上の
    külön別々なkülönb上位の
    súlyos重い、深刻なsúlyosbodik悪化する、より深刻になる
    súlyossúlyosbít悪化させる
    öreg古い、素晴らしい、壮大なöregbít[評判などを]高める
    helyes正しいhelyesbít改正する、修正する
    kevés少ないkevésbéより少ない, kevesbít減らす
    utol (廃語)最後のutóbb (元の語形は utolb)後の

用法

[編集]
  • (比較級接尾辞) 母音調和等による別形:
    -b : 子音で終わる一部の語に付く古い別形
    idős初老のidősb年上の、年長の (比較級は現在 idősebb である)
    -bb : 母音で終わる語に付き、語末の -a-á- に、-e-é- に変更する
    drága高価なdrágábbもっと高価な
    fekete黒いfeketébbより黒い
    -abb : 子音で終わる後舌母音の語に付く
    fiatal若いfiatalabbもっと若い
    -obb : 一部の子音で終わる後舌母音の語に付く
    nagy大きいnagyobbより大きい
    -ebb : 子音で終わる前舌母音の語に付く
    öreg高齢のöregebbより高齢の

ハンガリー語の比較級には、文字通りの相対的な関係を示す意味とは別に単独で使われる場合の意味もある。例えば nagyobb には「より大きい」だけでなく「やや大きい」や「まあまあ大きい」、「かなり大きい」といった意味もある。こういった意味が több ではすでに語彙化され、「より多い」以外にも「いくつか」や「多数の」といった意味も持っている。

参照

[編集]