Wiktionary:スタイルマニュアル/アイヌ語

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

基本 [編集]

=={{ain}}==
{{ain-kana}}

==={{etym}}===
{{l|ain|接辞-}}+{{l|ain|構成要素}}+{{l|ain|=接辞}}

==={{pron|ain}}===
*{{ain-IPA}}

==={{noun}}===
{{head|ain|noun}}
#[[意味]]。[[意味]]。
#[[意味]]。
#*アイヌ語例文 日本語訳

==={{verb}}===
{{head|ain|verb}} {{context|transitive}}
#[[意味]]

===={{conjugation}}====
{{ain-conj-intr}}

方言[編集]

アイヌ語には、標準語がなく多くの方言がありますが、ウィクショナリーでは特定の方言への統一はしません。方言で語彙が異なる場合、どの方言か明記した上で平行して立項してください。わかる場合は対応する他方言へリンクしてください。

表記法・正書法[編集]

参照 項目はアルファベット表記で立て、カナ表記は項目内に記述してください。異表記で立項した場合は、純粋に表記上の揺れで、加えて他言語の語の項目がない場合は、標準的な表記での項目へのリダイレクトにしてください。

基本的には『アコㇿ イタㇰ』(北海道ウタリ協会編アイヌ語テキスト)で範示されている文章表記に従いますが、わかるときは代表的な異表記も併記してください。

アルファベット表記[編集]

アルファベット表記に際して、従来の慣習に従い、声門閉鎖音 /ʔ/ を無表記にします。ただし、連音をしない場合のマークとして、アポストロフィ-で表すこともできます。例:hioy'oy。

人称接辞の境界を「=」で示す。例:eci=paye

カタカナ表記[編集]

カタカナ表記はTemplate:ain-kanaを使ってください。アイヌ語のカタカナは、Unicodeに準拠したカタカナ及び拡張カタカナを使用します。

アクセントの表記[編集]

基本的には、項目名にてアクセントを表記しません。

アルファベット表記に際して、アキュート記号(「◌́」)を用います。例:「sinép」。{{head}}を使う場合、{{head|ain|num|head=sinép}}のように、アクセントをヘッドに表示できます。

カタカナ表に際して、上に傍線をつける形をとります。例:「シネㇷ゚」。

音声・音韻[編集]

参照 音声の表記は、国際音声記号を用います。

文法用語・範疇[編集]

参照 アイヌ語には現在、複数の文法用語による記述の体系が並立しています。したがって他の用語で学習している人への便宜と、ウィクショナリーでの相互参照の統一性を図るために、対応する用語の併記が必要です。

動詞の対応[編集]

用語 A 用語 B 用語 C コメント
完全動詞 0項動詞 第II類動詞 単独で文となる。名詞も接辞も取らない。
自動詞 1項動詞 第II類動詞 主語のみ必要とする。(=an)
(単)他動詞   2項動詞   第I類動詞 主語のほかに名詞を一つ要求する。(a=)
複他動詞 3項動詞 第I類動詞 主語のほかに名詞を二つ要求する。(a=)
  • 田村の他動詞には、知里の不完全自動詞も含む。
  • 連動詞
    • 連他動詞 二語でひとつの単他動詞の働き
    • 連複他動詞 二語でひとつの複他動詞の働き
  • デアル動詞 ne

品詞[編集]

主な品詞[編集]

  • 名詞
  • 動詞
  • 連体詞
  • 副詞
  • 接続詞
  • 間投詞
  • 不変化詞

その他[編集]

  • 数詞

参照[編集]