denken

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Denken も参照。

オランダ語[編集]

語源[編集]

中期オランダ語 denken < 古オランダ語 thenken < ゲルマン祖語 *þankijaną < 印欧祖語 *teng-

発音[編集]

動詞[編集]

denken (弱変化 語尾-cht)

  1. 思う考える
denken (弱変化(過去形に-chtを含む))の活用
不定詞 denken
過去 単数形 dacht
過去分詞 gedacht
不定詞 denken
現在分詞 denken 中性
動名詞
現在形 過去形
一人称単数 denk dacht
二人称単数 (jij) denkt dacht
第二人称単数 (u) denkt dacht
第二人称単数 (gij) denkt dacht
三人称単数 denkt dacht
複数 denken dachten
接続法単数1 denke dachte
接続法複数1 denken dachten
命令法単数 denk
命令法複数1 denkt
分詞 denkend gedacht
1) 古語.

派生語[編集]

名詞[編集]

denken 中性 (不可算)

  1. 思考

アナグラム[編集]


中期オランダ語[編集]

語源[編集]

古オランダ語 thenken < ゲルマン祖語 *þankijaną

発音[編集]

  • IPA: /ˈdeŋkən/

動詞[編集]

denken

  1. 思う考える

諸言語への影響[編集]


低地ドイツ語[編集]

語源[編集]

古ザクセン語 thenkian

動詞[編集]

denken (現在三人称単数 denkt, 過去 dach, 過去分詞 dacht, 助動詞 hebben)

  1. 思う考える

中世低地ドイツ語[編集]

語源[編集]

古ザクセン語 < ゲルマン祖語 *þankijaną

発音[編集]

  • IPA: /denkən/ [dẽŋkə̃n]

動詞[編集]

denken

  1. 思う考える知覚する。

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]


ドイツ語[編集]

語源[編集]

古高ドイツ語 denken < ゲルマン祖語 *þankijaną < 印欧祖語 *teng-

発音[編集]

語源[編集]

動詞[編集]

denken (強変化, 三人称単数現在形 denkt, 過去形 dachte, 助動詞 haben支配, 過去分詞 gedacht, 接続法過去 dächte)

時制 人称 語形
現在 ich denke
du denkst
er, sie, es denkt
過去 ich dachte
過去分詞 gedacht
接続法第2式 ich dächte
命令法 du denk!
ihr denkt!
助動詞
haben
すべての活用: denken (活用)
  1. 思う考える思考する。
    • Ich denke, das ist eine gute Idee.
      私は、いいアイディアだと思う。

関連語[編集]

成句[編集]

連語[編集]

  • 1. an etwas denken (jemand denkt an etwas)
  • 1. denken, dass .. (jemand denkt, dass etwas passiert)
  • 1. an eine Zeit denken
  • 1. an einen Freund denken
  • 1. an ein Problem denken

古高ドイツ語[編集]

語源[編集]

ゲルマン祖語 *þankijaną

同系語[編集]

動詞[編集]

denken

  1. 思う考える

諸言語への影響[編集]


ルクセンブルク語[編集]

語源[編集]

古高ドイツ語 denken < ゲルマン祖語 *þankijaną

発音[編集]

  • IPA: /ˈdæŋkən/

動詞[編集]

denken (過去分詞 [[geduecht 又は geduet]], 助動詞 hunn)

  1. 思う考える

派生語[編集]