かんがえる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

かんがえるえる】歴史的仮名遣い:かんがへる

  1. あたまこころの中でものごとについてずる。おもう
    1. 判断する。解釈する。
    2. 予想する。
    3. 意図する。
    4. 案出する。考案する。
    5. 考察する。内省する。回顧する。
    6. 検討する。
  2. 再考する。自重する。慎重になる。考えなおす。

活用[編集]

かんが-える 動詞活用表日本語の活用
ア行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かんが える える えれ えよ
えろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かんがえない 未然形 + ない
意志・勧誘 かんがえよう 未然形 + よう
丁寧 かんがえます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かんがえた 連用形 +
言い切り かんがえる 終止形のみ
名詞化 かんがえること 連体形 + こと
仮定条件 かんがえれば 仮定形 +
命令 かんがえよ
かんがえろ
命令形のみ

発音[編集]

か↗んがえ↘る

語源[編集]

用法[編集]

  • 「かんがえる」がイメージに対して考察を加えることを指すのに対し、「おもう」は、ある固定したイメージを頭や心に浮かべることを指す。

他に「かんがえる」の訓をもつ漢字[編集]

同系語[編集]

類義語[編集]

関連語[編集]

派生語[編集]

翻訳[編集]