おもう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

おもうう、う】

  1. あたまこころの中にものごとイメージを浮かべる。
    • 類義語:かんがえる
      かんがえるがイメージに対して考察を加えることを指すのに対し、おもうは、ある固定したイメージを頭や心に浮かべることを指す。
  2. 好意を伴ってあたまこころに浮かべる。こいしたう
  3. 他者心情配慮する。心配する。想像する。
  4. 懐かしく思い出す。回想する。
    1. (「思えば」の形で)話し手の回想や感慨などを示す。
      • 思えば遠くへ来たものだ。
  5. (—と思う)意見を持つ。判断する。推量する。
    1. (「思うに」の形で)話し手の意見や推測などを示す。
      • 私が思うに、犯人は自転車で逃走したのではないか。
  6. じる。
  7. 認識する。
  8. (「思った」の形で)そのように感じたのも当然だ、といったニュアンスを表す。
    • 道理で切符が安いと思った。たった三銭である。(夏目漱石『坊っちゃん』)
  9. (「思った」「思っていた」の形で)そのように推測・想像していたが、実際そのとおりだった、といったニュアンスを表す。
    • たぶんそんなことじゃないかと思った。
  10. (「思った」「思っていた」の形で)誤認する。
    • 実際は三階建てだったが、二階建てだと思っていた。
  11. (「思わなかった」「思っていなかった」の形で)そのように推測・想像をしていなかった、別の推測・想像をしていた、といったニュアンスを表す。
    • そんな人だとは思わなかった。
  12. (「思ったら」「思えば」などの形で)そのように思ったあとでよく確かめてみると、といったニュアンスを表す。
    • 誰かと思ったら担任の先生だった。
    • 先生だと思ったら人違いだった。
  13. (「思ったら」「思えば」「思うと」などの形で)すぐに続いて起こることを表す。
    • 来たと思ったらもういなくなった。
  14. (「思ったら」「思えば」「思うと」などの形で)一方ではあることが起こり、他方ではまた別のことが起こっていることを表す。
    • 携帯をいじっている議員がいるかと思えば、居眠りしている議員もいる。

活用

ワ行五段活用
おも-う

発音[編集]

お↗も↘う
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/

語源[編集]

他に「おもう」の訓をもつ漢字[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]