obligation

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

英語[編集]

語源[編集]

名詞[編集]

obligation (複数 obligations)

  1. 社会的、法的、同義的な関係を特定の誰かとの間に築くこと。
  2. 義務責務責任
  3. (法律)債務、債権債務関係、契約書
    • 一方的な「債務」の関係というよりは、契約などによって生じた債権を含んだ関係性に注目されるべき語。"Obligation Contracts"は「契約上の債権債務」と訳すほうが適当な場合が多い(田中英夫『英米法のことば』ISBN 4641047650)。
    X shall be entitled to subcontract its obligation to provide the Support Services.
    Xは、本サポートサービスを提供するのに、その責務を下請けに出す権利を有する。

類義語[編集]

用法[編集]
  • 「duty」が、自然法を含んだ制度などで当然に生ずる義務であるのに対して、「obligation」は、契約などにおいて、一般には債権等の対価として発生する義務を指す、従って、moral, legal, social, contractual, political, mutual, military, perpetual等の形容詞とともに用いられる。

対義語[編集]

関連語[編集]


フランス語[編集]

語源[編集]

名詞[編集]

obligation 女性 (複数 obligations)

  1. 義務債務責務責任

関連語[編集]