出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
よ 教科書体
書き順

日本語[編集]

名詞: 四[編集]

  1. 4を意味する和語。よん
    1. 古風な数え上げの時、単独で用いられる。
      • ひ(い)、ふ(う)、み(い)、、いつ
    2. 助数詞にんねん時間じかんの前で、よんの代わりに用いる。

名詞: 世[編集]

  1. 。共通の特徴を備えた期間を区切った社会時代世の中

名詞: 代[編集]

  1. 。ある人が統治をする期間。
    君が代
    先帝の御代みよ

名詞: 予[編集]

  1. 。(古語:高貴な人が目下の者に対して用いる自称)わたし

名詞: 夜[編集]

  1. よる。古語的、現代語では複合語として用いる。

助詞[編集]

終助詞

  1. 口語の終助詞。主体の意志・知識を主張する。 あるいは です を省略してを付けるのは、女性に使われるが、現在では少ない。
    • もうやめよう
    • それは私のもの。(女性的。現在では男女ともに「それは私のものだ。」)