出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 指事の根元に線を引き、「もと」の意味を表す。
    対義字:

意義[編集]

  1. 植物
    草本
  2. 物事はじまりとなるもの
    基本根本抜本
  3. 元から持っている
    本心本意本命本願本望本懐
  4. 従来の
    本格本領本来
  5. 正しい、正式な
    本名本籍本当本式本番
  6. 主となる
    本拠本業本社本店本線
  7. 問題となる
    本件本案
  8. 書物
    絵本拓本読本謄本本棚
  9. 元金
    資本元本
  10. 演劇映画などの筋書き
    脚本
  11. 細長い物を数える言葉。また、細長いもの(酒瓶、釣り竿など)
    五本松、生一本、一本釣り
  12. 武道などで、勝負を数える言葉
    一本勝負

日本語[編集]

発音[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

名詞[編集]

  1. ホン)複数枚の紙を片方の端で綴じた情報記録媒体。書物書籍図書
    表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物(1964年ユネスコ総会採択国際的基準)

語源[編集]

  1. 本来のもの」を指すもとから、書写に使うもとの書物を本というようになり、転じて書物全般を指す言葉になった。『枕草子』では、「書写に使うもとの書物」という意味での用法が見られる[1]

翻訳[編集]

助数詞[編集]

  1. (ほん、ぽん、ぼん)細長いものを数えるときの助数詞。一本、二本、三本、…。



中国語[編集]

名詞[編集]

  1. 元手、[元金]
  2. 書物冊子
  3. 原本脚本

動詞[編集]

  1. もとづく

量詞[編集]

  1. 書物、雑誌ノートなどの冊数
  2. 映画フィルムの巻数

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


ベトナム語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]

出典[編集]

  1. 山口佳紀編著『暮らしのことば 新 語源辞典』 講談社、2008年、801頁