अग्नि

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンスクリット[編集]

अग्निः (Plumbago zeylanica)

語源[編集]

印欧祖語 *h₁ngʷ-ni-

同系語[編集]

名詞: サンスクリット[編集]

अग्नि (agní-) 男性

  1. [1]
  2. 消化作用[1]
  3. イソマツ科ルリマツリ属常緑低木セイロンマツリ (wp)インドマツリ (wp)Plumbago zeylanica[1]

類義語[編集]

語義1:〈火〉

語義3:〈セイロンマツリ〉

格変化[編集]

派生語[編集]

形容詞・名詞:

固有名詞: サンスクリット[編集]

अग्नि (Agni-) 男性

  1. インド神話における火のアグニ (wp)南東方角守護する[1]火天として、仏典に取り入れられる。

諸言語への影響[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Haughton, Graves C. (1833). “অগ্নি”. A Dictionary, Bengálí and Sanskrit, Explained in English, and Adapted for Students of Either Language. London: J. L. Cox & Son. p. 23. https://archive.org/details/dictionarybengal1687haug/. 

ヒンディー語[編集]

語源[編集]

サンスクリット अग्नि (agní-) < 印欧祖語 *h₁ngʷ-ni-

名詞: ヒンディー語[編集]

अग्नि (agni) , 同音同義のウルドゥー語: اگنی

類義語[編集]

固有名詞: ヒンディー語[編集]

अग्नि (Agni)

  1. アグニ (wp)ヒンドゥー教における火の神。