出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
書き順

日本語[編集]

発音[編集]

  • /hi/ IPA: /çi/
  • /i/(歴史的仮名遣で語中・語尾の場合)

文字コード[編集]

漢字[編集]

Wiktionary:漢字索引 音訓 ひ参照

関連項目[編集]

「ひ、ヒ」で始まる日本語

名詞:日[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

、語義1:

  1. 太陽。またその光。陽光。
    ひが昇る。ひに焼ける。
  2. 地球が自転を1周するのにかかる時間。おもに平均太陽日。暦日
    ひが経つ。今日は何の日ですか。
  3. (接尾辞)曜日。
    月曜日。日曜日には学校は休みです。

関連語:日[編集]

複合語
  1. ひなたひかげひあたり
  2. ひにち、曜日
同義語
  1. 太陽

翻訳:日[編集]

語義1:

語義2:

語義3: 〔接尾辞〕 <~曜日>


名詞:火[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
語義1。

、語義2:

  1. 物が燃えるときに出る
  2. 多く照明のために用いる人工的な光源。明かり。ともし火。(そもそも1を用いたことから)

関連語:火[編集]

派生語:

翻訳:火[編集]

語義1:

「火」を用いた表現:

名詞:杼[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. 織機部品の形をしていて、緯糸よこいと経糸たていと通す役割を持つ。

類義語:杼[編集]

複合語:杼[編集]


翻訳[編集]

固有名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア火国 の記事があります。

  1. 古代日本の地名。現在の長崎県壱岐対馬などを除く)、佐賀県及び熊本県ひのくに律令施行時に、肥前肥後に分割された。
  2. 主に熊本県地域の雅語的表現。

関連語[編集]

間投詞[編集]

  1. (古用) ひとつ。順番に数えるときに使う。
    、ふ、み、よ。

古典日本語[編集]

名詞:氷[編集]

  1. こおり
  2. ひょう

関連語[編集]

派生語:

名詞:檜[編集]

  1. ひのき