かんがえ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

動詞[編集]

かんがええ】

  1. かんがえる」の未然形。
  2. かんがえる」の連用形。

名詞[編集]

かんがええ】

  1. (「考える」の連用形名詞化)「考える」こと、「考えた」こと、解決などの目的を持って思いめぐらすこと。
    1. 考慮思慮
      • 考えに入れる
    2. 発想アイデア
      • 考えが浮かぶ
      • いい考えがある
    3. 意見見解
      • 上司の考えを聞く
    4. 意向、心づもり。
      • それから増給事件と将来重く登用すると赤シャツが云った話をしたら山嵐はふふんと鼻から声を出して、それじゃ僕を免職する考えだなと云った。(夏目漱石『坊っちゃん』)
    5. 判断見通し想定
      • 考えが甘い
      • 考え違い
      • 考えなしに、考えもなく
    6. 強い異論対抗意思
      • お前らがそんなことをするのなら、こっちにだって考えがある。

関連語[編集]

翻訳[編集]