出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
く 教科書体
書き順

日本語[編集]

名詞[編集]

それぞれの項目を参照

接尾辞[編集]

雅語

  1. 活用語について名詞化する(なお、「終止形」+「あく」による名詞化であるとの説あり。大野晋等)。
    • 曰は
    • 思は

間投詞[編集]

  1. 苦しみや痛みを感じたときに漏らす言葉。
  2. 絶句したときの表現。

文字コード[編集]