くるしい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「くるし

発音[編集]

東京アクセント[編集]

く↗るし↘ー

京阪アクセント[編集]

くる↘しー

形容詞[編集]

くるしいしい】

  1. がつまって、またはそのような苦痛を感じる。
    • それに苦しい上にも苦しかったことは、あの、「乾」の烟草屋の物置きに火が掛かると、ありたけの烟草が一どきに燃え出して、その咽ることは……焦熱地獄とはこんなものかと目鼻口から涙が出やした。(高村光雲 『幕末維新懐古談 焼け跡の身惨なはなし』)
  2. つらいでない。
    • 気心の合った親友なら別であるが、そうでもない来客と話をすると、すぐに疲労が起ってきて、坐って居るのさえ苦しくなる。(萩原朔太郎 『僕の孤独癖について』)
  3. 論理的ではない、道理にかなってない。
    • 苦しい言い訳をする。

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
くるし かろ かっ
けれ 口語活用

類義語[編集]

対義語[編集]

派生語[編集]

訳語[編集]