出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。元の字を「樂」とする新字体、「」にまゆのかかる様を表し、くぬぎの木を意味。その音を仮借(藤堂)。木にをつけた、祭礼用の楽器の象形(白川)。
樂-oracle.svg 樂-bronze.svg

樂-seal.svg

樂-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. 音曲かなでる
  2. たのしいたのしむ

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞・形容動詞[編集]

  1. ラク安逸であること。
    • これだけあれば、老後もに暮らせるだろう。
  2. ラク苦痛緩和されること。
    • 姿勢を変えたらだいぶんになった。
  3. ラクたやすいこと。
    • その仕事はにできた。
  4. ラク)できるだけ労力をかけないこと。てぬき
    • をする。
  5. ラク公演などの最終日千秋楽楽日
  6. ガク音楽。特に雅楽など伝統的音曲

活用[編集]

類義語[編集]

動詞[編集]

する (らくする)

  1. 労力をかけないですむ、かけないでやる。

熟語[編集]


中国語[編集]

又は参照。


朝鮮語[編集]

参照。


ベトナム語[編集]

参照。


コード等[編集]

点字[編集]