こおり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

こうり も参照。

日本語[編集]

名詞・氷[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

こおり, り】

  1. 凝結固体となったもの。
  2. 夏季に上記1を細かくして器に盛り、種々のものを加えて味わう嗜好品。
    「白玉が咽喉(のど)へつかえるよ。食べる中(うち)だけ仲好くしようや。」/「知らない。」とお雪はわざと荒々しく匙(さじ)の音をさせて山盛にしたを突崩(つきくず)した。(永井荷風『墨東綺譚』昭和11年)

関連語[編集]

成句[編集]

訳語[編集]


名詞・郡[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

こおり】(歴史的仮名遣い:こほり

  1. 古代日本律令制下の行政区域。くに令制国)の下位区分。郡司を長とし、班田や徴税の管理に重要な役割を果たし、律令的文書行政の末端に位置した。

関連語[編集]