くに

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアくに の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

くに

  1. 古代日本において、原初的地縁集団である「むら」を複数統合し対外的には貢納などの責務を負わない集団
  2. ヤマト朝廷が、大部分の「くに」を統合した後は、ヤマト朝廷からの意思は地域に根ざした首長を通じて達せられる集団のうち比較的大きい又は、経済力を有するもの。この首長を国造くにのみやつこという。
  3. 日本の律令制下においては、国司が置かれる行政単位をいう。
  4. 国家
  5. 出身地ふるさと

語源[編集]

  • グンの和語化(語頭の清音化、語末の開音節化)との説あり。

複合語[編集]

翻訳[編集]

語義1:

語義2:

語義3:

語義4:

語義5: