なにも

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

副詞[編集]

なにもも】

  1. (打消の語を伴って)特にそうする必要ないさま。別段わざわざ
    • 何もそういきり立たなくったっていいだろう。
  2. (打消の語を伴って)特にそうする意図願望などがないさま。別段。別に。
    • 何もお金が欲しくて言っているのではありません。
  3. (打消の語を伴って)特にそうだというのではないさま。別段。別に。
    • 何もあなたが悪いわけではない。

発音[編集]

な↗にも
な↘にも

連句[編集]

なにも【何も】

  1. (打消の語を伴って)全く少しも全然。何一つ。
    • 何もしたくない。食べたいものが何もない。
    • 「何か言った?」「何も(言ってない)」
    • 30代で結婚なんて何も遅くない。
  2. (「〜もなにも」の形で)どんな物事も全て
    • 荷物も何も全部没収されてしまった。
  3. (「〜もなにもない」などの形で)それどころでない、それ以前の話だ、というニュアンス。
    • 話し合いも何も、相手が来ないんじゃしょうがない。

古典日本語[編集]

語源[編集]

(汝) + の + いも(妹)

代名詞[編集]

なにも

  1. (上代語)(男性が女性に対し親しみを込めて)あなたおまえ