ニルヴァーナ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

表記揺れ[編集]

名詞[編集]

ニルヴァーナ

  1. パーリ語サンスクリットで、「(炎が)吹き消された」状態のこと。バラモン教ジャイナ教仏教で重要な概念として用いられた。→涅槃
    • 「ニルヴァーナ」はさまざまに漢訳音訳または意訳)されて用いられた。→涅槃(wp)
    • 現代では原語の片仮名表記(ニルヴァーナ)のままで、宗教とは特に関係のない文脈においても用いられることがある。共通の決まった意味があるわけではないが、総じて「超越」や「」の暗喩の意味があると考えられる。

発音[編集]

ニ↗ルヴァ↘ーナ

語源[編集]