位格

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア位格 の記事があります。

名詞[編集]

いかく

  1. (キリスト教神学、哲学)他者に対して区別される主体、また自己が成立つ個物のこと。ペルソナ
    1. 三位一体論をめぐり整理された定式において、神は、一つの実体と、「父なる神」・「ロゴス」(λόγος) である子なる神(イエス・キリスト)・および「聖霊聖神)」の三つの位格において、永遠に存在すると言い表されている。(日本語版ウィキペディア『三位一体』より)
    2. 第一の神は父なる神御心(will)。第二の神は父なる神と子なる神(イエス・キリスト)の法則(word)。第三の神は父なる神と子なる神(イエス・キリスト)の原動力(work)。
    3. 三位一体の神人間が生きていることそのもの。
  2. (文法)「処格」の異称。

発音[編集]

い↗かく
い↘かく

翻訳[編集]