実体

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

實體 および 实体 も参照。

日本語[編集]

この単語の漢字
じつ > じっ
第三学年
たい
第二学年
慣用音 呉音

発音[編集]

名詞[編集]

(じったい)

  1. 実質を有する事物
    • 実体のない話。
    • 実体経済
  2. そのままの状態のもの。実物どおりのもの。
  3. (哲学) 事物の性質などを根拠づけつつ、同一性を保って自存するもの。真に実在するもの。本質
  4. (化学) 分子実体
  5. (計算機科学) 参照や関連づけを受けるデータ意味まとまりエンティティ

名詞・形容動詞[編集]

(じったい または じってい)

  1. まじめ実直律儀
    • 何時もおなじやうな顏をして下宿を出て、同じやうな風で歸って來る、袴を脱ぐと直ぐたたんしまふ、見たところ實體じっていな感心な青年わかものであったにちがひありません。(国木田独歩「正直者」)

活用[編集]

名詞[編集]

(じつたい)

  1. (数学) 形式的に実な体 (wp)のこと。