天禄

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

固有名詞[編集]

 てんろく

  1. 日本元号一つ安和で、天延。970年3月から974年12月までの期間のこと。

名詞[編集]

(てんろく)

  1. 天から授けられたもの。天の恵み
    • 「わたしは万里の遠方から来て、ここに仕官身の上である。もし私に天禄があるならば、死ぬことはあるまい。天禄がなければ、あえて死を恐るるものではない」(岡本綺堂『中国怪奇小説集 続夷堅志・其他』)〔1935年〕[1]
    • なぜなら彼は、喰うために、牛馬のごとく身を卑しめたとは思わないのである。少しでも、世のために働いたので、当然な天禄もらうのだと、信念していた。(吉川英治『新書太閤記』)〔1939年-1945年〕

類義語[編集]