按摩

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア按摩 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(あんま)

  1. (「按」は「押さえる」、「摩」は「さする」、患部を押さえたりさすったりすること)揉んだり叩いたりして血行を良くし、筋肉凝り疲労取り除く療法
    ××に聞くとそれは按腹揉療治に限る。ただし普通のではゆかぬ。皆川流という古流な揉もみ方で一二度やらせれば大抵の胃病は根治出来る。安井息軒も大変この按摩術を愛していた。(夏目漱石吾輩は猫である』)
  2. 語義1の療法を施す者。
    按摩の休斎は盲目ではないが生付いての鳥目であった。(永井荷風『伝通院』)
  3. (江戸期以来、語義2は多く盲人の職であったことから、暗喩で)盲人
    巌角を鋭どく廻って、按摩なら真逆様に落つるところを、際どく右へ切れて、横に見下すと、菜の花が一面に見える。(夏目漱石草枕』)

発音[編集]

あ↗んま

類義語[編集]

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
按摩-する

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

안마

  1. 按摩、マッサージ

中国語[編集]

発音[編集]

  • ピンイン: ànmó
  • 注音符号: ㄢˋ ㄇㄛˊ
  • 広東語: on3mo1
  • 閩南語: àn-mô·

動詞[編集]

 

  1. マッサージする