覆水盆に返らず

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(ふくすい)(ぼん)にかえ

  1. 一度離婚した夫婦は元に戻ることはできない。
    • 覆水盆にかえらず。人倫は水のように自然のものなんだ。ひっくりかえって流れた水は、どう仕様もねえや。もっとも、自然に元へ集ってくれるなら、それも良しさね。(坂口安吾『街はふるさと』)
  2. 一度起きてしまった事は二度と元には戻らない。
    • 玄徳としては、光武帝の故智に倣わんとしたものかもしれないが、結果においては、ひとたび漢朝を離れた民心は、いかに呼べど招けど―― 覆水フタタビ盆ニ返ラズ――の観があった。(吉川英治三国志 篇外余録』)

由来[編集]

  • 古代中国の重臣であった太公望が、昔の妻から復縁を迫られた時に盆の上に水を持ってきて下に撒いた後で「この水を盆の上に戻す事は出来ないように、私たちの仲も元に戻る事は無い」と言ったという故事から。元の文は「覆水難収」(覆水収め難し)。(出典『拾遺記後秦(384年 - 417年)において390年頃までに成立)

類義句[編集]

対義句[編集]

他国語の同義句[編集]