食指が動く

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(ショクシがウゴく 他動詞表現:食指を動かす

  1. おいしそうなものを見て、食べたくなること。
  2. あることに興味を引かれること、野心を持つこと。

由来[編集]

春秋左氏伝・宣公四年』の以下の記事より。

白文)楚人獻黿於鄭靈公。公子宋與子家、將入見。子公之食指動。以示子家曰、他日、我如此、必嘗異味。及入、宰夫將解黿。
訓読文)楚人、鄭の靈公に黿を獻ず。公子宋と子家、將に入りて見えんとす。子公の食指動く。以って子家に示し曰はく、「他日、我此の如く、必ず異味を嘗ぜん。」入るに及びて、宰夫將に黿を解せんとす。
(現代語訳)の人が、の霊公にすっぽん献上した。王族の子宋と側近の子家が、ちょうどそのとき霊公を訪問した。公子宋の食指人差し指)がぴくりと動いた。子家にそれを指し示して言った、「いつでも、このようになると、必ずご馳走にありつけるんだよ。」入室すると、料理人がちょうどすっぽんをさばいていた。

関連語[編集]