Europa

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

ドイツ語[編集]

語源[編集]

  • ギリシア語Εὐρώπη / Eurṓpē (遠く見える女)から

発音[編集]

IPA: /ɔʏˈroːpa/

固有名詞[編集]

  1. 〔ギリシア神話〕 エウロペ
  2. 〔地名〕 ヨーロッパ

関連語[編集]


英語[編集]

語源[編集]

ラテン語 Europa の借用。

固有名詞[編集]

  1. 〔ギリシア神話〕 エウロペ
  2. 〔天文学〕 エウロパ木星の第2衛星の固有名。

関連語[編集]


イタリア語[編集]

語源[編集]

ラテン語 Europa の借用。

発音[編集]

IPA: /euˈrɔpa/

固有名詞[編集]

女性

  1. 〔ギリシア神話〕 エウロペ
  2. 〔地名〕 ヨーロッパ

関連語[編集]


ラテン語[編集]

語源[編集]

  1. ギリシア語 'Εὐρώπη (Eurōpē) のラテン語形。
  2. ギリシア語 'Εὐρώπη (Eurōpē) の借用、ラテン語化。
    1. セム語系の言語で「西」を指す言葉(例えば、アッカド語の erebu、ヘブライ語の erebh)から。これらは元々「日の沈むところ」を意味していたが、日没の方向→西とされたものである。オリエント地方から見ると、ヨーロッパ地域は西方に位置していることによる(cf. Occident)。これをギリシア人は 'εὐρώπη < 'ευρύς 'ώψ 「広い顔」と解釈した。これは、ヨーロッパが南北に狭く東西に広いことから来ていると考えられている。
    2. 〔民間語源〕 ゼウスに連れ去られた 'Εὐρώπη が到達した土地であることから。

固有名詞[編集]

女性

  1. 〔ギリシア神話〕 'Εὐρώπη のラテン語名。エウロペフェニキアのテュロスの王女。白い牛に変身したゼウスによって連れ去られた。後にクレタミノス朝(すなわちミノア文明)の祖となる。
  2. 〔地名〕 ヨーロッパ欧羅巴
    1. ヨーロッパ大州の一つ、欧州とも。
    2. ヨーロッパ大陸七大大陸の一つ、ユーラシア大陸の西部。
  3. 〔天文学〕 エウロパ木星の第2衛星 (Jupiter II) の固有名。ガリレオ衛星の一つ、ゼウスに愛された女性の一人であることから、ドイツの天文学者ジモン・マリウスによって命名された。
  4. 〔天文学〕 第52番小惑星の固有名。メイン・ベルトに位置しており、1858年2月4日にドイツの天文学者ヘルマン・ゴルトシュミットによって発見された。

曲用[編集]

主格 (nominativus) Eurōpa
呼格 (vocativus) Eurōpa
対格 (accusativus) Eurōpam
属格 (genitivus) Eurōpae
与格 (dativus) Eurōpae
奪格 (ablativus) Eurōpā
処格 (locativus) Eurōpae



スペイン語[編集]

語源[編集]

ラテン語 Europa の借用。

発音[編集]

IPA: /euˈɾopa/

固有名詞[編集]

女性

  1. 〔地名〕 ヨーロッパ

関連語[編集]


ポーランド語[編集]

語源[編集]

ラテン語 Europa の借用。

発音[編集]

IPA: /ɛurɔpa/

固有名詞[編集]

女性。与・前置格 Europie

  1. 〔地名〕 ヨーロッパ
    • Europa Północna - 北欧

関連語[編集]


ポルトガル語[編集]

語源[編集]

ラテン語 Europa の借用。

発音[編集]

IPA: /ewˈɾɔpɐ/

固有名詞[編集]

女性

  1. 〔地名〕 ヨーロッパ

関連語[編集]